女性は要注意!【悩める偏頭痛は病院で完治させる】

看護師

辛い痛みを我慢しない

発作がひどくなったら

困る

偏頭痛は女性に多い病気です。月に一度発作が出る程度の人もいれば、週に一度発作が出る人までその頻度はさまざまです。また、発作がひどい人になると吐いたり寝込んだりする人もいて、日常生活に支障をきたすほど厄介な病気なのです。偏頭痛はその痛みを経験した人でないとつらさがわかりません。ですから仕事や家事を休まないといけないほどつらい症状なのに、「甘えている」とか「さぼっている」といったように誤解されやすい病気でもあるのです。けがのように目に見えるものではないので、なかなかつらさを理解してもらえないのも偏頭痛持ちのつらさでもあるのです。偏頭痛は、初期の頃は市販の痛み止めを飲めば痛みが治まっていた人も効果がなくなっていくことがあります。反対に予防のために市販の頭痛薬を飲むことで頭痛は悪化するなどの悪循環に陥っている人も意外と多いのです。多くの偏頭痛ですが、ストレスなど精神面が原因と考えられているので、心療内科などに行ってきちんと原因を突き止めることが、一番解決への近道となります。

専門の医師に相談を

市販薬が効かなくなったら、あるいは症状が悪化してきたら、早めに専門医のいる病院を受診しましょう。頭痛外来のある病院か神経内科のある病院には頭痛の専門医が存在しています。頭痛のつらさも理解してもらえるので気持ちも楽になるはずです。医師が処方する薬には、頭痛そのものに効果のあるものがあります。痛みが出始めて服用すればしばらくすると嘘のように痛みが消えて楽になるのを感じるでしょう。また偏頭痛そのものを予防する薬もありますので、発作が出るのが怖い人は偏頭痛の予防薬を処方してもらうとよいでしょう。しかし薬に頼りすぎるのもよくありません。薬の飲み過ぎはかえって効果を薄めてしまうばかりではなく、しまいには薬を飲んでも効かなくなってしまう恐れもあるからです。できるだけ薬に頼らない生活を送るために、日々の生活を見直すことも大切でしょう。最終的には偏頭痛の発作がない生活を取り戻すことが大事です。自分に無理のない範囲で偏頭痛が起こらないようにすることが大事です。専門医と相談しながら少しずつよい方向へ進めていきましょう。